• MVNOの特徴について

    MVNOは他社から無線通信インフラを借りて、音声通信やデータ通信のサービスを提供している事業者のことです。大手キャリアと比べるとリーズナブルな価格でサービスを提供できるのが最大のメリットです。
    また価格が安くても通信エリアは大手キャリアと変わりません。



    安くサービスを提供できる理由としては、経営にかかるコストが少ないことが挙げられます。

    大手キャリアは通信施設の維持や各種サービスの開発に加えて、全国に展開するショップに多くのコストをかけています。

    MVNOにはそのようなコストはかかりませんし、必要な分の容量を小分けして販売できるので低価格を実現しています。
    大手キャリアでは電話のかけ放題プランがあることで月額料金が増大します。
    電話を頻繁に使用する人にはメリットがありますが、使用頻度が少ない人には無駄な出費となります。
    MVNOには無駄な通話プランを契約する必要が無いので、通話料金は使用した分だけで済みます。

    さらに専用の通話アプリを使えば半額や無料になることもあります。

    またデータ通信をメインのサービスにしているので、音声通話が付いていないプランを契約することも可能です。



    大手キャリアでは契約と共に端末も同時に購入することになりますが、MVNOでは自分で端末を用意することができます。


    そのため契約の自由は大幅に広がっています。
    価格も安いのでデータ通信用や通話用に複数台の契約をしている人も少なくありません。